キャッシングで子供の学費の支払いをしよう

学校費用は【現金払い】が多い!

キャッシングはしたくない!

でも、学校費用は実は【現金払い】がすごく多いのです!

 

クレジットカードであれば、キャッシングをしないでも乗り切れる人でも、やはり現金払いとなると、どうしても生活がカツカツの人には、たった1万円や2万円でも、厳しい時があります。

 

現金払いで対応できる方法となると、やはりキャッシングしか方法がありません!

 

お稽古事も、学校の授業料も、クレジットカード払いOKの場所はまだまだ少ないです。

 

入学金などは現金で用意しないといけないため、非常にお金がかかってしまいます。

 

そのため、これから子供の学費がどれくらいかかるかわからないし、貯金もないという人は、キャッシング審査を受けて、いつでも現金払いでピンチになった時には、対応できるように、ちゃんと準備をしておくことをおススメします。

 

キャッシングは、新規の申し込みを慌ててしても、即日振込をしてもらえない可能性もありますし、何よりも新規の契約が可決されるかどうかもわかりません。

 

そのため、お金が必要になってから慌てて申し込むよりも、前もってキャッシングの審査だけでも申し込み、いつでも対応できるようにカードを発行して貰ってしまう方が安全です。

 

これまでクレジットカード払いに頼ってきた人はピンチ!

これまで何でもかんでもクレジットカードで支払ってきた人は、現金払いが続く子供の学費では、非常に苦労します。

貯金がないと、大きな請求があった時に、不安になってしまいます。

 

キャッシングは、どっちかというと貯金がない人こそ【最後の手段としてキャッシングを用意する必要】があります。

 

いざ「明日料金を徴収します」となった時に、困ってしまいます。

 

貯金がある程度ある人は、キャッシングに頼らなくても、しばらくは余裕がありますが、やはり貯金がない人は、キャッシングを貯金の代わりに用意しておく方が安心です。

 

キャッシングは、新規の契約をしても、必ず借りないといけないというわけではありません。
いざという時のために、キャッシングのカードだけを所有している人も多いです。

 

本当に現金が必要になって、困ってしまった時のために、切り札としてお守り代わりになります。
子供の学費を滞納するのは、やっぱり親として非常に恥ずかしいです。

 

親だけではなく、子供も恥ずかしい思いをする可能性があります。
今は給食費の未納問題もありますし、やはり子供にあんまり迷惑をかけたくないと思っている人は多いです。

 

子供にお金の面で心配をかけないためにも、キャッシングは上手く使いたいものです。

児童手当だけでは賄いきれない!

子供の学資資金は、「公立だったらそんなにお金がかからないでしょう」と思っている人もいますが、児童手当だけではやっていけません!

児童手当に大きな期待をし過ぎている人は、やっぱり後になって困ってしまいます。

 

児童手当の月々1万円では、ちょっと高い積み立て費用を請求されたら、あっという間になくなります。
やはり児童手当も有難いですが、現金が必要になった時の準備としては、蓄えがあんまりない人は、キャッシングなどを検討しないといけなくなってしまいます。

 

中には学校の費用を「滞納しても大丈夫」と思っている人もいますが、学校の給食費だって、今は悪質な滞納者に対しては、厳しく取り立てをしています。
子供の給食費を払わないと、やはり自分の子供だけ給食を止められてしまったり、子供が恥ずかしい思いをします。

 

そうならないためには、まずは子供のために現金を用意する必要があります。
祖父母が生きている場合は、祖父母に現金を頼ることも多少は出来ると思いますが、やはりそうした頼れる人がいない場合は、キャッシングがあると安心です。

 

キャッシングにはあんまり良いイメージがない人もいると思いますが、即日振込などに対応しており、現金を早く利用できるので、万が一の時にあると、非常に便利です。

現金が欲しい時は、やはり【キャッシング】!

現金払いの子供の学資は、やっぱり貯金がない人にとっては、ちょっとした急な出費がかさんだりすると、支払いが厳しくなってしまいます。

 

学校の授業料を滞納した場合、私立ですと、すぐには退学にはなりませんが、やはり子供も親も恥ずかしくなってしまい、なかなか学校に行きにくくなってしまいます。

 

また、私学は公立に比べて、金銭的に余裕がない人はあんまり通わないので、私学で授業料が払えなくなってしまうと、やはり悪い意味で目立った存在になってしまいます。

 

1カ月くらいであれば、事情を話せば待ってくれることもありますが。
やはり2カ月、3カ月と授業料を滞納した場合、自主退学を勧められる可能性が高くなってきます。

 

私学は、公立と違い、やはり授業料を支払えないと、厳しい対応になってしまうのも仕方ありません。
どうしても厳しい場合は、キャッシングなどを利用しても、子供の学費は出来るだけ優先して収めるようにする方が子供のためにもなります。

 

ただし、親がリストラでクビなってしまった場合などは、無理して私学に通っていても払える見通しがないため、キャッシングで借金を重ねるよりも、やはり早めに家庭の事情による退学を申し出たほうが良いケースもあります。

 

 

 

私の債務整理体験談を語ります