手持ちのクレカで簡単にキャッシングできる

すでにクレジットがある人だったら一番手っ取り早い!

子供の学費がちょっと足りないと言う時に、まず一番簡単なのは、やはり【クレジットカードのキャッシング機能を利用すること】です。

 

今は大体、クレジットカードを一枚くらい持っている人は多いと思います。

 

 

 

そうしたクレジットカードのキャッシング機能を使えるようにすれば、手持ちのクレジットカードで簡単にキャッシングが出来るようになります。
消費者金融などのキャッシングを申し込むと、新たにキャッシングカードが増えたりして、管理が面倒なこともあります。

 

その点、クレジットカードだったら、余計なキャッシングカードが増えないので良いです。
クレジットカードもキャッシングも、一枚で済みますので楽ちんです。

 

ただし、クレジットカードのキャッシングも、消費者金融のキャッシングと同様に、やはり【審査があります】
クレジットカードを持っていれば、誰でもキャッシングを利用できるわけではありません。

 

ただし、クレジットカードの審査は、キャッシングの利用希望枠が50万円以内であれば、年収の自己申告だけで済みますので、オンラインのWEBサイトから申し込みをするだけで簡単に利用できるようになるケースが多いです。

 

しかし、50万円以上の利用枠を希望している人や、他社とのキャッシング合計が100万円以上超える場合は、年収証明書の提出をしなければいけません。
そのためキャッシングで大きな金額を望んでいる人は、まずは年収証明書や確定申告の提出書類を用意しておく必要があります。

総量規制でで専業主婦は利用できない可能性も!

ただし、クレジットカードのキャッシングで、一番気を付けないといけないのは、やはり『無職の主婦』です。

 

働いている兼業主婦は、キャッシングを利用できますが、無職で本人に収入がない専業主婦の場合は、クレジットカードを持っていても、キャッシング機能を利用できません。

 

クレジットカードのキャッシングは、いわゆるノンバンク系のキャッシングで総量規制の対象です。
総量規制では、【年収の3分の1以内】と決められていますので、年収はない主婦はキャッシングを受けることが出来ません。

 

そのため、主婦であっても、【キャッシング審査に通る主婦】と【キャッシング審査に通らない主婦】がいます。
ネットの口コミなどで、主婦でも審査が通るかどうかというのは、やはり仕事を持っているかどうかって言うのが一番大きく影響しています。

 

「旦那の収入で審査して貰えないの?」という疑問を持っている人もいると思いますが、総量規制では【本人に収入がある】ということを重視していますので、総量規制対象のキャッシングでは、旦那さんの年収でキャッシング審査をしてもらうことはできません。

 

もしも出来るとするのであれば、総量規制の対象外になっている銀行のカードローンの場合です。
キャッシングでは審査は厳しくなってしまいますが、総量規制の対象外の銀行系のカードローンだったら、まだ可能性があります。

 

ただし、その場合、旦那さんがすでに多額のカードローンを抱えていると、やはり審査は厳しくなる傾向があります。