キャッシングの限度は総量規制の影響を受ける

仕事を持っていない人は審査に受からない!

クレジットカードに限らず、【総量規制の対象となるキャッシング】は、無職の人には厳しい現実があります。

共働きで、女性も仕事をしているのであればよいですが、無職で旦那さんに収入を頼っている場合は、キャッシングの利用も難しくなってしまいます。

 

総量規制では、収入のない人にはお金を貸さないようになっていますので、どんなに申し込みをしても、可決されることは難しいでしょう。
どうしてもキャッシングの審査を通りたい人は、やはり無職であれば、まずは仕事をすることから始める必要があります。

 

総量規制の対象外と言われている銀行系のカードローンの場合、奥さんに収入がなくても、旦那さんの収入で審査をしてくれるケースがあります。
しかし、その際にも、カードローンの申し込みは最低年収300万円程度がボーダーになると言われて、必ずしも契約してもらえる確証はありません。

 

絶対にキャッシングを利用したいのであれば、申し込み本人がまずは仕事を見つけましょう
キャッシングは、銀行系のカードローンよりも、年収は特に求めていません。

 

何よりも、仕事をしていて、継続的な収入があることが大事なのです。
ちょっとしたレジのパートでも良いので、まずは仕事を見つけてみましょう。

 

仕事をしていないでお金を借りることは、やはり貸金業界の世界では、信用がありません。
どんなに旦那さんがエリートでも、無職の奥さんに大金を貸してくれる消費者金融やクレジットカード会社というのは少ないのです。

年収は少なくても仕事があれば通過する!

クレジットカードや消費者金融のキャッシングの良い所は、銀行系のカードローンとは違って、【年収にうるさくない】ことです。

銀行系のカードローンは、可決するには、年収が300万円程度必要だと言われています。

 

それ以下の人の場合は、銀行系のカードローンは落ちてしまう可能性があります。

 

一方、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシングは、年収にボーダーがありません。

 

年収100万円でも、年収80万円でも、総量規制の範囲内であれば、お金を貸してくれます。
年収のボーダーはありませんので、低収入の人でも安心です。

 

それこそ、アルバイトでもキャッシングは出来ますので、仕事がある人だったら、挑戦してみましょう。
ただし、年収が低いと、それだけ与信が低い金額になる可能性がありますので、希望に合わないことも。

 

年収には自信がないけど、ちょっとだけお金を借りたいと思う人に、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシングは向いています。
逆に、利用枠が大きい方が良いと希望している人は、銀行系のカードローンの方がやはり使い勝手が良いと思います。

 

使い勝手の良さというのは、やはり人によって、どれだけキャッシングやカードローンに求めるかで違ってくると思います。
利用枠を増やしたいと思う場合は、年収を増やすしかありません。

 

特に他社からもキャッシングをしている場合は、新規の申し込みをするたびに与信枠が少なくなってしまうということを覚えておきましょう。