キャッシングは年収が低くても大丈夫!

年収300万円以上であればカードローン!

カードローンとキャッシングは、似ているようでちょっと違います。

 

特に一番の違いは、カードローンの方が、【年収にボーダーがある】ことです。

 

この年収のボーダーというのが、実は銀行系のカードローンにとって大きいのです。

 

 

 

消費者金融のキャッシングが【安定した収入をお持ちの人】と、具体的な年収を示していないのに対し、銀行のカードローンは、【年収300万円程度の方】と、明記しているケースが多いです。

 

そのため、銀行系のカードローンを利用するのであれば、年収300万円以下の人であれば、不利になる可能性があります。

 

きっかり300万円に届かないとしても、290万円くらいであれば、応募してみる価値があるかもしれませんが、年収100万円程度では、銀行のカードローンは門前払いということです。

 

そのため、年収300万円以上の人は銀行のカードローンの方が、総量規制にも影響されず、希望の利用枠を与信してもらえる可能性がありますので、挑戦するのも良いと思います。

 

ただし、年収300万円以下の場合は、銀行のカードローンには厳しいので、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用することになってしまうので、必然的に利用枠も総量規制の影響を受けて、非常に少なくなる可能性が高いです。

 

年収によって、カードローンとキャッシングというのは、新規申し込みの段階で窓口が違っているのです。
どっちの方が、自分にとって有利になるか、よく考えて申し込みをする必要があります。

キャッシングの方が年収が低くても審査に通りやすい

カードローンとキャッシングであれば、年収が低い人の場合は、キャッシングの方が審査が通りやすいです。

カードローンの発行は、ノンバンクではなく、銀行が融資しているので、審査が厳しい傾向があります。

 

そのため、カードローンの申し込み基準も、年収で300万円程度ないと、銀行は難しいです。
一方の消費者金融業者は、年収300万円程度などのボーダーがないため、低収入のアルバイトでも少額であればキャッシングできるようになっています。

 

よく言えば、キャッシングというのは、低収入者でも身の丈に合った額であれば、お金を貸すという感じです。
一方の銀行系のカードローンは、【安定志向が強い】ため、年収である程度の返済能力がある人のみを相手にしている部分があります。

 

そのため、銀行は年収が良くても、継続性という点で疑問を抱える自営業者などにも審査が厳しいと言われています。
住宅ローンも、自営の場合は、3期連続での黒字決算が見込めないと難しい状況です。

 

たった1期の決算だけ黒字でも自営の場合は、サラリーマンよりも安定性がないので、銀行では非常に不利に見られます。
消費者金融業者と銀行によって、【安定性】をどれだけ重視するかが違ってきます。

 

そのため、低収入の人は、銀行に申し込みをしても、門前払いになってしまう可能性があります。
ある程度の収入がない場合は、キャッシングの方が可決される可能性が高いです。

 

正社員+高収入という人は、銀行の方が金利も安くお得なことが多いです。