キャッシングしたい人は前準備をしよう!

身分証明書は必須!

キャッシングの時に、必ず用意しておきたい書類といえばやはり【身分証明書】です。

キャッシングの希望額を問わず、必ず必要になるものです。

 

そのため、キャッシングをする人は絶対に事前に用意をしておきましょう。
私はこれまで身分証明書は健康保険証を使っていました。

 

キャッシングで利用できる身分証明書は、主に【運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票などの公的機関が発行したもの】が有効です。

 

運転免許証が一番間違いありませんが、中には健康保険証と自宅へ届く光熱費や携帯の請求書が送られてくる郵便物の2点で確認を取る場合もあります。
各キャッシング業者によって、身分証明で必要になってくる書類が違います。

 

また、銀行のグループ傘下に入っている消費者金融の場合、グループ銀行に口座を開設していれば、身分証明書を不要とするケースもあります。
消費者金融によって、身分証明の仕方が全然違ってきますので、まずは自分がどの消費者金融で新規申し込みを考えるか、チェックしておきましょう。

 

身分証明書がなくて、後から揉めて契約がスムーズに行かない場合もありますので、やはり事前準備が大事です。
特に即日振込をしてほしい人は、身分証明書がないと、即日振込が厳しくなってしまいますので、気を付けましょう。

 

在籍確認も大事ですが、身分証明書の提出は、やはりキャッシングをする時には、必要になってきます。
まずは消費者金融のHPをちゃんと一読してチェックしておきましょう。

キャッシングの希望額によっては年収証明書!

消費者金融のキャッシングは、総量規制の影響を受けるため、年収の3分の1が限界です。

 

しかし、【1社で50万円以上のキャッシングを利用する場合】【数社で100万円以上のキャッシングを利用する場合】は、【年収証明書が必要】になります。

 

 

50万円未満のキャッシングについては、年収証明書は基本的には提出義務はありません。
ただし、年収証明書が必要ないとは言っても、消費者金融が年収証明書が必要と言ったら、キャッシングをするためには必要になってしまいます。

 

年収証明書は、会社の人事にお願いをすれば1日そこらで簡単に用意をしてもらえますのでそれほど面倒ではありません。
しかし、会社の人に万が一、キャッシングのことがバレタラ嫌だとか、心配になってしまう人は、やっぱり年収証明書を出したくないですよね。

 

そういう場合、キャッシングの希望額を50万円以下に設定しておくようにしましょう。
50万円以下であれば、年収証明書の提出を言われることはほとんどありません。

 

年収証明書の提出を求められるのは、やはり多重債務者ですでに多くのお金をキャッシングしている人や、キャッシングの希望額が多い人なので、そういう人は年収証明書の提出を覚悟をしておきましょう。

 

手元に年収証明書があれば、すぐにでも契約が進みますので、やはり便利です。
早く契約をまとめたい人は、必要書類を全部用意しておくことをおススメします。

 

必要書類がそろわないと、即日のキャッシングは出来ません。