キャッシングと同じく現金払いに強い学資保険の利用も

貯蓄性が高く損しないプランが増えている!

色々と頑張っても、キャッシングの審査が通らないと言う人は、将来の子供の学資に備えるのであれば【学資保険】を早めに検討しましょう。

まとまった現金を用意できるのは、やはりキャッシングの魅力ですが、キャッシングは審査が通らないと、どうにもなりません。

 

そのため、キャッシングの審査を落ちてしまったら、他の現金調達方法を考えないといけなくなってしまいます。
子供の学資を貯めるために、現在人気があるのはやはり学資保険です。

 

以前は元本割れを起こすダメな保険も多かったですが、最近は返戻率が高い学資保険が多くなっているため、貯金代わりに利用する人が多くなってきました。
普通の会社に預金をしていても、金利がほとんどつかないので、だったら少しでも返戻率が良い学資保険に加入する方が利口だと思います。

 

自分で貯金をするのが苦手な人も、自動的に引き落としをされるので、無理なく学資を貯めることが出来ます。
貯金が下手な人にもおススメの保険ですね。

 

貯蓄率が高い学資保険は、損をしにくく、現金を用意できますので、安心して貯めることができます。

 

キャッシングのように、自由にお金の出し入れを出来ない所が難点ですが、どうしてもキャッシングの審査が通らない場合は、学資保険で備えるのが、一番現実的だと思います。

 

そのためには、子供が産まれたら、すぐに学資保険に入るほうがお勧めです。
学資保険は妊娠中からも入ることが出来る保険がありますので、余裕がある妊娠中に考えてみると良いと思います。

加入できる年齢が限られているのがネック!

学資保険は貯蓄性が高く、非常に親にとっては有難い保険ですが、デメリットが一点あります。

 

それは【学資保険に加入できる年齢が非常に短いこと】です。

 

多くの場合、小学校に入学するまでとしているケースが目立つのです。

 

6歳くらいまでに加入できないと利用できないプランが多いので、やはり子供を妊娠したら、すぐに学資保険を考えてみると良いと思います。

 

小学校に上がってから、「やっぱりあの時に学資保険に入っていればよかったな〜」と後悔をする人もいますが、その時にはもう学資保険は入れなくなってしまいます。
子供が小学校に上がる前に、遅くとも幼稚園の時代に、学資保険にはいるかどうかをちゃんと考えないといけません。

 

その時期を逃してしまうと、もう2度と貯蓄性の高い学資保険には入れなくなってしまいます。
学資保険は、やっぱり子供が成長すればするほど、現金が入ってきますので、有難みがあります。

 

子供が中学や高校になってからお金がかかるようになって、現金が用意できなくなってしまうのはやはり一番避けたいことです。

 

キャッシングの利用も出来ず、学資保険も入りそびれてしまった場合は、やはり現金払いに備えて、積み立て貯金に入ったりして、自分たちで地道にお金を貯めるしか方法がありません。

 

そうした貯金を出来る自信がない人は、やはり教育ローン、キャッシング、学資保険のいずれかを利用しないと、いざという時にやはり困ってしまいますのでリスクが高くなってしまいます。